世界一周も現実に!オンラインツアーで旅気分

コロナ禍で注目を集めるオンラインツアーですが、先日トラベルズーで実施したオンラインツアーについてのアンケートでは、ご回答いただいた方の9割がオンラインツアー未経験、かつオンラインツアーに参加されたことがない理由として「オンライン関連の情報が少ない」、「オンラインツアーを知らない」のご回答がワンツートップという結果に。一方で、オンラインツアー経験者で2回以上オンラインツアーに参加しているリピーターが4割強、かつコロナ終息後のオンラインツアーへの参加意向も半数以上と、一度経験するとやみつきになる傾向も。

かく言う私も、昨年より国内外のオンラインツアーに6回参加し中毒になりつつあります。まだまだ新参者の私ですが、オンラインツアー未経験でちょっと気になっているという方に是非一歩を踏み出していただきたく、私が思うオンラインツアーの魅力をお伝えさせていただきます。


■オンラインツアーって凄い!5つの理由

  • 家に居ながらにして旅気分:パソコン・スマホさえがあれば、家でも外出先からでも、どこからでも参加が可能です
  • 世界一周や極地への旅も実現:世界の人気都市を生中継で繋ぐツアーや、マチュピチュ、アフリカ、南極、宇宙関連など、リアルな旅行ではなかなか実現が難しい旅もオンラインで行った気分が味わえます
  • 低予算:本来であれば数十万円はかかるであろう旅行先へも低予算で行った気になれるのでお財布にも嬉しい
  • どんどん進化しています:オンラインツアー関連のお土産付きや、一般ではみることができない特別公開ものなど満足度の高いハイクオリティなオンラインツアーが続々公開されています
  • 配偶者や家族と楽しみを共有:ツアーによっては1つの端末から複数人で参加できるものもあるので、ご夫婦やファミリーで揃って参加が可能です

■現地のリアルが垣間見ることができます

現地のリアルを垣間見ることができるのもオンラインツアーの魅力です。というのも、私が参加した本場アフリカのサファリ生中継ツアーでたくさんの野生動物に出会えたことはもちろんなのですが、日本語ガイドの方が現地の日本語学校だけで身に付けたという流暢な日本語、野生動物が生息する国立公園の真上をかなりの存在感で横切る中国資本の鉄道など、いままでなら実際に現地に行かないとわからなかった世界の今の一部をみることができたのは価値があると思っています。

また、中東のオンラインツアーに参加した際、これまで治安に不安があり旅行の目的地として避けていた部分もありましたが、現地ガイドの方より実際ヨーロッパから子連れファミリーも多く訪れるという、現地ガイドならではの情報を教えていただきました。オンラインツアーがきっかけとなり、コロナ禍が落ち着いた際の新たな旅行先の候補が見つかった次第です。


■リアル旅行さらながらのハプニングもあり⁉

旅行でのハプニングが実は一番記憶に残っているという経験はありませんか。参加するオンラインツアーによっては、そのハラハラ・ドキドキ感が楽しめるかもしれません。私が以前アメリカ現地主催の現役パラリンピアンから直接指導が受けられるエクササイズ体験に参加した際、グループレッスンであったのがたまたま1対1の個人レッスンになってしまい、全編英語でのコミュニケーションに四苦八苦、さらにパラリンピアンの本格指導で全身筋肉痛という、誰かに話さずにはいられない経験ができました。

通常のオンラインツアーであれば、日本語ガイドの方や通訳の方が間に入っていることがほとんどですので心配不要ですが、ハプニングが嫌いでない方は、ちょっと冒険できそうなオンラインツアーにトライしてみるのもおすすめです。


オンライン旅行なら自分だけのオリジナル世界一周旅行も夢ではありません。トラベルズーでは、これからも進化を続けるオンラインツアーの紹介をしていく予定です。気になる方は是非チェックしてみてください。

By Shino Tanaka, Deal Expert from Travelzoo.


※情報は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※写真はイメージです。

関連記事

  1. 進化するオンラインツアー最前線

  2. 自宅で野生動物に大接近も!本場アフリカサファリのLIVEツアー

  3. 旅行は“試着”する時代 オンラインツアーで隠岐に行ってきました

  4. オンラインツアー体験記(プラハ編)